青汁の過剰摂取

青汁を過剰摂取すると、好転反応が現れる?

青汁を過剰摂取すると、ほとんど好転反応が現れます。青汁療法を実践した患者のうち、いくつかの症状に中断する場合がしばしば見られます。体内の環境が変わりながら、現れる反応たちであり、一部で主張される副作用とは別の物です。



このような現象は、不適切な食習慣と生活習慣のために体内に蓄積された老廃物や毒素を青汁の中の様々な活性物質が分解して排泄させる過程で現れます。

この過程で現れる瞑眩現象は、疲れ、眠気、皮膚の色素沈着現象、便秘、発汗、腫れ物、湿疹、吹き出物、にきび、かゆみ、目やに、発熱、嘔吐などです。

健康的な食習慣や生活習慣に変えて青汁を継続的に摂取して、通常6ヶ月が経過すると、ほとんどの好転反応(瞑眩現象)が消えて通常のコンディションを回復し、健康な状態に変わります。